前へ
次へ

喪服のクリーニングをする際の注意点

喪服は利用した後には、必ずクリーニングに出すことにしています。
短時間だし一度しか着ていないか

more

急ぎで喪服を購入する場合

葬儀に参列するために喪服が必要であっても、持っていないという人もいるでしょう。
そんな時には通

more

喪服のレンタルを利用するメリット

喪服をレンタルすることには、実に多くのメリットがあると言われています。
何と言っても一番のメリ

more

喪服はブラックフォーマルを選ぼう

お葬式に参列する際は喪服を着用するのがマナーです。
喪服と聞くと黒い服というイメージがあるかもしれません。
ただ、お葬式の場合、黒い服であればどのようなものでも良いという訳ではなくブラックフォーマルを着用するのが基本です。
ブラックフォーマルとしてではなく、一般の黒いスーツで参列するのはマナー違反となるので注意が必要です。
一般の黒い服とブラックフォーマルとして販売されている服は、黒の深みに違いがあります。
黒のビジネススーツとブラックフォーマルを並べて比較してみると、ビジネススーツの方がグレーぽく見えるでしょう。
出棺時など外に出るお葬式では、太陽の光でさらに黒の深みの違いが顕著となります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren11set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

近年、ビジネススーツはスタイルが良く見えるよう、細みのデザインが人気となっています。
ブラックフォーマルは5年・10年と買い換えないケースが多いので、少しゆったり目のデザインが主流です。
細みのスーツはお葬式に参列した場合、少し浮いてしまうかもしれません。
また、お葬式に着用する喪服はボタンなどが光らないものを選ぶ必要があります。
一般的な黒いスーツの場合、ボタンが目立つデザインもあるでしょう。
ブラックフォーマルとして販売されているものであれば、華美なデザインにはなっていないのでマナー違反とはなりません。
不幸のお知らせは突然やってくるケースがほとんどです。
事前にブラックフォーマルを購入しておかないと、手持ちの黒いスーツで参列しようと考えてしまうかもしれません。
ですが、一般の黒のビジネススーツだとマナー違反となってしまいます。
突然のお葬式でも慌てずに済むよう、前もってブラックフォーマルの喪服を購入しておくことが大切です。
ブラックフォーマルは専門店だけでなく、インターネット通販でも購入できます。
予算なども考慮して、ブラックフォーマルを購入することをおすすめします。
安いブラックフォーマルスーツであれば、1万円から2万円ほどとリーズナブルな価格で買うことが可能です。

Page Top